女性に多く見られる二の腕のたるみは男性にも。

手を振ると腕の下部の脂肪が揺れますか?

”振袖”と表現される事もありますが

たるんでいる方を多く見受けます。


でも二の腕のその部分はなぜたるむのか

それは

「私生活の中で使われにくい部分」

だからです。


なので必然といえば必然なんです。


多くの人は普通に生活していて二の腕の筋肉なんて
意識的に使われることが少ないです。


では早速ですが二の腕を引き締めていく
トレーニングを書いていきますね。


毎回文章ですいません。


トレーニングその1

これは男性向けですが

腕立て伏せです。

でもただ皆さんがいつもやる腕立て伏せとは違うかもしれません。

きっと皆さんは腕立て伏せをすると手が

がに股のように開くやり方だと思います。

このやり方は肩前方の筋肉、胸筋に効いていると思います。

しかし二の腕を痩せさせるには下記の腕立て伏せをやってみてください。

まず肩幅くらいの感覚で手をつきいて構えて下さい。

次に体を下ろしていきますがこの下す時は

「脇を閉めて体にヒジがくっついた状態のまま下ろす」

これをやる事で上腕三頭筋(腕の裏側)に効く腕立て伏せが出来ます。

しかもゆっくり下ろして二の腕を意識してゆっくり上がる。

きっと10回も出来ないと思います。

毎日5回程度を目安にやってみて下さい。

ほんのちょっと毎日刺激を与えるだけでいいです。

もし女性の方がこれを読んでいたら女性はひざをついた状態で

やってみて下さい。

やり過ぎると筋肉がつきすぎて腕が太くなってしまう可能性もあるので
少しで大丈夫です。


今日は特別にもう一つ

これはもっと簡単です。

手を伸ばして机についてください。

腕は開いていた方が良いので上から見たら

左手10時、右手2時くらいが良いです。

座っていても立っていてもどちらでも結構です。

手をついている高さはどの高さでもいいです。

高さが変われば刺激も違ってくるので

少しずつ変えていってあなたの一番効き目がある高さを探るのもいいですね。

で、手をついたら後はひたすら下方向に押し付けていくだけです。

10秒~20秒くらいを目安にやってみて下さい。

日ごろ使っていない筋肉なので効果はすぐには出てきにくいですが

筋肉にスイッチを入れる事で徐々に活性化されていきます。

毎日少しで良いので続けてみて下さい。

では!

無料で男磨きの情報をご提供!